英検の種類って?

*

現在、日本では英語の検定が多数あります。 英検といえばお馴染みの実用英検をはじめ、商業高校などで受験する 日商ビジネス英検、技術者向けの工業英検、医療・福祉英検、 国際常識も問われる国連英検、ビジネスには欠かせないTOEIC、 留学に有利なTOEFLなど、種類は様々です。


英検一級の難易度

英検をとろうと考える人の多くが気になるのが最も難関な 英検一級の難易度ではないでしょうか。 英検一級は語彙数がとても多く、試験時間もかなり限られていて 長文などもかなり早いスピードで読んでいかなければなりません。 そういった点から見て高度な試験であると言えます。 ですが合格するのに何も英語がペラペラでないといけないわけでは ありません。きちんと対策を練って試験に臨めばたとえ英検一級でも 合格することは十分可能です。 しかしここで注意しなければいけないのは「段階をふむこと」です。 英検二級の人がいきなり一級を受けてもまず受かりません。 まずは準一級に挑戦し、段階的に進んでいくのがいいと思います。


英検?それともTOEIC?

英検とTOEIC、資格として有利に働くのはどちらなのか? 企業の世界では、圧倒的にTOEICを重視しています。 昔は今ほどTOEICが優勢ではなく、英検が重視されていたのですが、 ここ数十年で一気に差がついてしまいましたね。 ただ今でも英検派の人も根強く多いのもまた事実です。 英検派の言い分は以下です。

「TOEICは所詮当てものに過ぎないから参考にならない」

うーん確かにそういった傾向はあるようにも思えます。 反対にTOEIC派の言い分はこうです。

「難解すぎてネイティブでも解けないとうな問題で何が測れるのか」

うーんこちらも最もな言い分に聞こえますね。 私の個人的な意見はやはりTOEICを重視すべき、と考えています。 というのも、TOEICが要求する「スピード感」は将来ネイティブと対峙する上で 必ず必要になりますし、それを初期の頃から感覚的に学んでおくことは大事だと思います。 加えて企業サイドが圧倒的にTOEICを重視するという事実。 これを見過ごすわけにはいきません。資格の本来の意向に沿ったものは現状やはりTOEICです。