男性の更年期の症状

未分類

女子の時と同じように、よく汗をかいたり体が痒くなったり、寝つきが悪くなるといった、一般的は更年期障害の症状が出てきます。

男性ホルモンが低下すると筋力が衰えてきますので、階段を上がるのがきつくなったり、もうに息切れしたりします。

「意思決定力がある」「決断力がある」「ぐいぐいと引っ張ってくれる」「包容力がある」「厄介見が良い」その上、これ以外にもよく食べる、よく笑うといったところも男らしいと言われます。

最近では、痩せ型の草食系と言われる男性が増加しましたが、まだまだ女子の中では男らしいというと、先ほどのような男性を心象される方が多々あるです。

その上血行不良になるので肩こり、腰痛といった苦痛が出てきます。

男性ホルモンを増やす為には、サプリメントやホルモン注射などの対処法がありますが、お薦め余裕に可能なのは「タマネギ」を意識して食べる事です。

タマネギには、含硫アミノ酸(アリイン類)と呼ばれる男性ホルモンを増強するという報告が、2014年に東海大学より公表されました。

その結果、夫妻仲に支障がでたり、互いに気を利用しあって、ストレスが溜まり悪循環になる事があります。

タマネギを食べる時は、切断するのではなく1個そっくり過熱する事により、切断のときに現れてする酸素の活性化を防ぐ事ができます。

加えて、疲れが取れないのでやる気が出ない、食欲もないといった、覇気のない状況になる事があります。

女ホルモンが、女の女らしさや丸みを帯びた体を仕上げるのと同じように、男性ホルモンは、男性にとって男らしい体、男らしさと言ったところを形成しています。

結論力がにぶる・集中できないといった意思決断。

この調理技術は、日本農芸化学会で検証されました。

俗に、男らしいというのは、こう言う方を表す事が多々あるです。

善玉コレストレール(HDL)が減少し、内臓脂肪が増加しますので、メタボリックシンドロームに、いわゆるメタボになる事があります。

男性ホルモンがなくなると、先ほどのところに影響が出てきます。

ただし男性のケース、最上深刻なのは「勃起障害」ではないでしょうか?「このところ性欲がなくなってきた」「SEXをしていても疲れて困る」「最後まで持続できない」「全く勃起する事がない」「勃起している時が短い」「セックスが楽しくない」更年期になると、女子も精欲が減ってきますし、男性もこうして勃起しにくくなると、必然的にセックスをする回数が減ってしまいます。

低容量ピルの種類と作用

未分類

低容量ピルとはプロゲステロンや、エストロゲンという女性ホルモンに似た成分が配合されているものです。プロゲステロンやエストロゲンが服用されると、妊娠した時に近いホルモンバランスになります。それにより、体が妊娠していると勘違いすることにより、次の排卵を起こさなくなる=生理が来なくなるという仕組みになります。
・低用量ピルにはどんな種類があるのか
低用量ピルには3種類のピルが存在します。まず、1相性ピル。1相性ピルは1シート21錠か28錠入りになっており、その錠剤すべてが同じホルモン量になっているのが1相性ピルです。すべて同じなので錠剤の飲み間違いがなく、簡単に服用できるメリットがあります。
次に2相性ピル。2相性ピルは、プロゲステロンが抑えられている錠剤とプロゲステロンを多く含む錠剤に分かれています。その2種類の含有量のピルを前半(プロゲステロンの少ない方)と後半(プロゲステロンの多い方)に分けて毎日飲み続けることによって、ピルを服用していないときの女性の自然なホルモンの変化となるので、1相性ピルよりも身体にやさしい効果があります。
最後に3相性ピル。3相性ピルは3種類の含有量のピルを3段階に分けて服用することによって、2相性よりもより自然に近いホルモン変化となる特徴があります。そのため、より身体にやさしく、不正出血等が起きにくい効果があります。
・低容量ピルには避妊以外にどのような作用があるのか
元々低容量ピルは経口避妊薬でありますので、避妊を目的とした薬なのですが、避妊の他にも様々な作用があります。その一つが生理痛の緩和です。生理痛は、生理中に増える子宮内膜の中にプロスタグランジンという成分が含まれています。このプロスタグランジンは子宮の収縮を促すため、過剰に分泌されてしまうと子宮の収縮が強くなり痛みを起こしてしまいます。低容量ピルによって子宮内膜の増殖が抑えられると、プラスタグランジンの分泌も抑えられ、生理痛の緩和につながることになります。その他にも、生理前の不快な症状を抑えたり、生理の周期を安定させるなどの効果もあります。
・低容量ピルの副作用はどのようなものがあるのか
多くのメリットが存在する低容量ピルですが、いくつか副作用もあります。その一つが、乳がんや子宮頸がんなどのリスクが上がってしまう事です。20歳代で約1万分の1の確率で発症することがあるため、そのような場合の早期発見に備えるためにも定期的な検診を受けるようにしましょう。

冷え性はサプリで改善できるのか?

未分類

冷え性は栄養が不足して血液の巡りが悪くなることで引き起こることがあります。体を温めるために必要な栄養素は基本的に食事で補いますが、不規則な食生活などで不足する分はサプリで摂取すれば冷え性の改善に役立ちます。効果的とされているのがヘスペリジンサプリです。ヘスペリジンとは柑橘類の果実や皮に多く含まれる成分で、漢方薬に使われることもあります。ポリフェノールの一種で毛細血管を強化し血流を良くする効果があるので、冷え性の人に適した成分といえます。みかんを食べることで摂取できますが、ヘスペリジンは熟す前の青みかんに豊富に含まれているので、無理して食べるよりサプリで摂取する方が簡単です。元々水に溶けにくく体内に入っても吸収率が低い成分ですが、サプリでは糖を結合させた糖転移ヘスペリジンにすることで水に溶けやすく体に吸収されやすい性質に変えています。またマカサプリも冷え性改善の効果を期待できます。マカは血流を良くする効果だけでなく、ホルモンバランスを改善する効果を持っています。女性の冷え性はホルモンバランスの乱れが原因であるケースが少なくありません。特にホルモンバランスの乱れは下半身の血流不足を引き起こします。マカに含まれているアルギニンなどのアミノ酸はホルモンバランスを調整してくれるので、食事や運動に気をつけても改善しない冷え性に効果が出る可能性があります。マカサプリの販売は様々なメーカーが行っていますが、それぞれ品質にバラつきがあるので注意します。ほとんどの粒タイプサプリには凝固剤が使われており、ごくわずかな量のマカしか摂取できない恐れがあります。本当に質が高いものは、マカの純度が100%と表記されています。100%マカという表記は質が高いイメージを与えがちですが、凝固剤が50%使われているとマカを薄めていることになるのでできるだけ凝固剤を使っていないものを選びます。またヘラティニサシオンという加工方法を行っていれば、マカが胃腸で吸収されやすくなるので効果が出やすいです。冷え性と貧血のどちらも該当している人は、鉄分不足により循環する血液が少ないため体の末端まで血液が行き渡っていない可能性があります。その場合は鉄を多く含むものを服用します。女性は生理で体内の血液を排出してしまうので、気づかないうちに貧血になることが多いです。男性は10mg、女性は12mgの鉄分を毎日摂取しなければなりません。

マカの効果と更年期について

未分類

女性の更年期は症状が重いケースも多く、その間は日常生活を送るのにも支障が出ることがあります。マカは女性の更年期障害におけるいくつかの症状に効果がありますので、悩んでいるなら試してみる価値はあります。ただし、更年期障害の原因とされている女性ホルモンの減少に作用するものではありませんので、根本的な解決を図るようなものではありませんし、全ての症状に対して効くものでもありません。
更年期障害になるとイライラや不安などの精神的な面に影響が現れたり、自律神経の乱れによって体が火照ったり急にドキドキしたりもします。発汗や冷え症も自律神経から引き起こされるものであり、コントロールの難しい部分でう。また、月経異常もよく見られる症状であり、周期が変わってきたり不正出血が見られることもあります。これらのうち、精神的な不安や抑うつに対してマカはよく効くとされています。他にも、冷え症や月経異常には一定の成果が期待できます。
マカで症状が改善されるのには女性ホルモンとは関係ありません。マカに含まれているアダプトゲンというものが作用するためです。アダプトゲンには抗菌作用やコレステロールの減少に効くテルペノイドという成分が含まれており、抗酸化作用を持つフェニルプロパンも含まれています。摂取すると体の抵抗力を高めたり、細胞が傷つくのを防ぐことができます。また、不安やイライラを解消したり、肉体的な倦怠感を改善してくれたり、エネルギー不足を解消してくれますので幅広い効果が期待できます。これらの作用により更年期障害が緩和され、その他の疾患にも良い作用をもたらすとされています。
マカに含まれている成分としてはアミノ酸にも注目したいところです。必須アミノ酸の全てが含まれている優秀なものですが、その中でもマカに含まれるアミノ酸の中には脳の働きを調節する作用を持つものが含まれています。アミノ酸以外にも、ビタミンB群やビタミンE、亜鉛、リン、鉄分等のミネラルがバランス良く含まれていますので、様々な不調を緩和させるのに役立ちます。
マカはサプリメントから摂取する人が多いのですが、これはとても良い方法です。症状の改善を目指す時にはコンスタントな摂取を心がけなければなりませんので、摂取しやすいサプリメントは利用しやすい方法です。選ぶ時には、体の中に入れるものですので安全性の高い商品を選ぶことが重要であり、その他に含まれている成分もチェックします。

亜鉛不足の原因と症状

未分類

亜鉛はよく知られたミネラルですが人間が生きていくのには少量ですがなくてはならないものです。その働きは多岐にわたります。細胞分裂する際には亜鉛が必須ですし、体の中には非常に多くの酵素が働き生命の維持にかかわっていますが、少なくともわかっているだけで300以上の酵素が働く際に亜鉛が必要とされています。特にアルコールを分解する酵素には亜鉛が必要なものがあり、それだけアルコールを分化しなければいけない分、消費されてしまうため、よくお酒を飲む人は不足しがちになります。さらに、年齢を重ねてくるとそれだけ消化管からの吸収が低下傾向になり高齢者に不足しがちなミネラルでもあります。もともと、亜鉛は吸収の良いミネラルでもありません。ですから食の細い人、病気などで食事がうまく摂取できない人、あるいは点滴などで栄養を摂取せざるを得ないような状況でも注意しておかないとすぐに不足してしまいます。
亜鉛欠乏の症状もその働きが多岐にわたる分たくさんあります。有名なのは味覚障害です。味を感じるのは舌の味蕾というところですが、細胞分裂が非常に盛んで、亜鉛欠乏によりその分裂が障害されると味を感じにくくなたり、重症ではわからなくなったりします。また、湿疹や脱毛などの皮膚症状も出てきます。亜鉛は新陳代謝を活性化しており欠乏により皮膚の新陳代謝の低下やコラーゲンの合成も低下するため湿疹が出やすくなったり、毛根の細胞も盛んに細胞分裂しているため亜鉛の不足で毛髪が抜けやすくなってしまいます。また高齢者で寝たきりなどの患者さんにとっては褥瘡ができやすい原因にもなってしまいます。あるいはかすり傷や切り傷の直りが悪くなるのもその症状の一つです。
ほかの症状としては性的な機能低下もあります。体の中でも精巣や卵巣は細胞分裂が盛んなところですので精子の動きが悪くなったり少なくなったり、女性であれば無月経となったりすることもあります。
また血液も同じように盛んに細胞分裂しています。血液系の症状としては貧血や白血球の働きが悪くなることで軽度であれば風邪をひきやすくなったり、こじらせやすくなるような免疫機能低下も起こりえます。重度になれば感染症により命を落としてしまう可能性も否定できません。
さらに進行した状態では精神的な症状が出ることもあります。記憶力の低下や元気がなくなる、手が震える、異常な行動をとるなども亜鉛欠乏で起こりえます。
さらに、注意すべきは妊婦さんです。妊娠中は二人分の栄養などが必要ですし、胎児は大人以上に盛んに細胞分裂をしていますので、胎児の成長障害などが出る可能性もある為、しっかりと摂取することが重要です。