マカの効果と更年期について

未分類

女性の更年期は症状が重いケースも多く、その間は日常生活を送るのにも支障が出ることがあります。マカは女性の更年期障害におけるいくつかの症状に効果がありますので、悩んでいるなら試してみる価値はあります。ただし、更年期障害の原因とされている女性ホルモンの減少に作用するものではありませんので、根本的な解決を図るようなものではありませんし、全ての症状に対して効くものでもありません。
更年期障害になるとイライラや不安などの精神的な面に影響が現れたり、自律神経の乱れによって体が火照ったり急にドキドキしたりもします。発汗や冷え症も自律神経から引き起こされるものであり、コントロールの難しい部分でう。また、月経異常もよく見られる症状であり、周期が変わってきたり不正出血が見られることもあります。これらのうち、精神的な不安や抑うつに対してマカはよく効くとされています。他にも、冷え症や月経異常には一定の成果が期待できます。
マカで症状が改善されるのには女性ホルモンとは関係ありません。マカに含まれているアダプトゲンというものが作用するためです。アダプトゲンには抗菌作用やコレステロールの減少に効くテルペノイドという成分が含まれており、抗酸化作用を持つフェニルプロパンも含まれています。摂取すると体の抵抗力を高めたり、細胞が傷つくのを防ぐことができます。また、不安やイライラを解消したり、肉体的な倦怠感を改善してくれたり、エネルギー不足を解消してくれますので幅広い効果が期待できます。これらの作用により更年期障害が緩和され、その他の疾患にも良い作用をもたらすとされています。
マカに含まれている成分としてはアミノ酸にも注目したいところです。必須アミノ酸の全てが含まれている優秀なものですが、その中でもマカに含まれるアミノ酸の中には脳の働きを調節する作用を持つものが含まれています。アミノ酸以外にも、ビタミンB群やビタミンE、亜鉛、リン、鉄分等のミネラルがバランス良く含まれていますので、様々な不調を緩和させるのに役立ちます。
マカはサプリメントから摂取する人が多いのですが、これはとても良い方法です。症状の改善を目指す時にはコンスタントな摂取を心がけなければなりませんので、摂取しやすいサプリメントは利用しやすい方法です。選ぶ時には、体の中に入れるものですので安全性の高い商品を選ぶことが重要であり、その他に含まれている成分もチェックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です