低容量ピルの種類と作用

未分類

低容量ピルとはプロゲステロンや、エストロゲンという女性ホルモンに似た成分が配合されているものです。プロゲステロンやエストロゲンが服用されると、妊娠した時に近いホルモンバランスになります。それにより、体が妊娠していると勘違いすることにより、次の排卵を起こさなくなる=生理が来なくなるという仕組みになります。
・低用量ピルにはどんな種類があるのか
低用量ピルには3種類のピルが存在します。まず、1相性ピル。1相性ピルは1シート21錠か28錠入りになっており、その錠剤すべてが同じホルモン量になっているのが1相性ピルです。すべて同じなので錠剤の飲み間違いがなく、簡単に服用できるメリットがあります。
次に2相性ピル。2相性ピルは、プロゲステロンが抑えられている錠剤とプロゲステロンを多く含む錠剤に分かれています。その2種類の含有量のピルを前半(プロゲステロンの少ない方)と後半(プロゲステロンの多い方)に分けて毎日飲み続けることによって、ピルを服用していないときの女性の自然なホルモンの変化となるので、1相性ピルよりも身体にやさしい効果があります。
最後に3相性ピル。3相性ピルは3種類の含有量のピルを3段階に分けて服用することによって、2相性よりもより自然に近いホルモン変化となる特徴があります。そのため、より身体にやさしく、不正出血等が起きにくい効果があります。
・低容量ピルには避妊以外にどのような作用があるのか
元々低容量ピルは経口避妊薬でありますので、避妊を目的とした薬なのですが、避妊の他にも様々な作用があります。その一つが生理痛の緩和です。生理痛は、生理中に増える子宮内膜の中にプロスタグランジンという成分が含まれています。このプロスタグランジンは子宮の収縮を促すため、過剰に分泌されてしまうと子宮の収縮が強くなり痛みを起こしてしまいます。低容量ピルによって子宮内膜の増殖が抑えられると、プラスタグランジンの分泌も抑えられ、生理痛の緩和につながることになります。その他にも、生理前の不快な症状を抑えたり、生理の周期を安定させるなどの効果もあります。
・低容量ピルの副作用はどのようなものがあるのか
多くのメリットが存在する低容量ピルですが、いくつか副作用もあります。その一つが、乳がんや子宮頸がんなどのリスクが上がってしまう事です。20歳代で約1万分の1の確率で発症することがあるため、そのような場合の早期発見に備えるためにも定期的な検診を受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です